川中島の戦いエピソードなど豆知識まとめ

川中島の戦いというのは、北信濃地方の領有をめぐって、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信がその勢力圏の境界にあった信濃川中島で対峙したもの。それは、1553年の第一次合戦から1564年の第五次合戦まで、12年間に計5回も行われた長い戦いの総称となっている。

川中島の戦いエピソードなど豆知識まとめ

こうして見ると、7月から9月に集中していることが分かる。信濃地域は豪雪地帯で時には5カ月以上も出兵することができないので夏の戦いがメインとなったわけです。
信濃の領有を目指す武田信玄は、村上義清など反武田勢力の豪族を鎮圧してその領土を制した。

武田信玄に追われた信濃国人衆は、領地の回復を隣国の越後の領主、上杉謙信に懇願して、その願いをきいた上杉謙信が、信濃へ侵攻したというのが戦いのあらまし。川中島は、両勢力の緩衝地帯であり戦略上の要地であった。

武田信玄がさらに北方へ勢力を拡大するには、川中島にある街道を補給路として使用する必要がある。また、上杉謙信が信濃全土を解放するため、諏訪や松本へ侵攻するには、川中島を確保して補給線の安全を確保する必要があった。

そのため、両雄はこの中洲の地の領有をめざして幾度も激突をする。北信濃国人衆を支援するため1553年8月に信濃へ出陣してきた上杉謙信と、これを迎え撃った武田信玄が川中島で対峙。

これが第一次合戦となったが、武田軍が荒砥城に夜襲をしかけて越後勢の退路を断つ動きに出たため、上杉謙信は危険を感じて軍を後退させて塩田城に籠り決戦を避けた。そのため激突も起こらずに両軍は陣を引いて本国へ帰還。激戦となったのは1561年の第四次合戦、いよいよ全面対決となる。

この頃、謙信は関東菅領職に就任して関東へも出兵していた。謙信の猛攻に対して、同盟者の北条氏康は信玄に側面からの攻撃を要請。震源はこれにこたえ、川中島に海津城を築いて北信濃侵攻の構えをみせた。

これに過剰反応した謙信が大軍を率いて川中島に出撃してきたことで、また両雄がが川中島で対峙することとなった。この時、妻女山に陣取った謙信に対して、信玄は山本勘助が献策した「啄木鳥戦法」にうって出る。

隊を2つに分けて、1隊を迂回させて上杉軍を背後から攻撃、慌てて山へ下りてきた敵を待ち伏せしたもう1隊が叩くというものだったが、この動きを読んだ謙信が、霧にまぎれて隊を移動させて撃破する。

武田軍は壊滅寸前、信玄の弟である武田信繁など多くの名勝が戦死するという壊滅的損害になる。しかし、寸前のところで武田勢の別機動隊が合流して、上杉軍は撤退。1564年にも合戦があるが、結局は決着がつかずに最終的には北信濃の支配権は武田信玄の手中のままとなった。